top of page
水

追跡“PFAS汚染” 汚染源は? 健康リスクは?

クロ現.jpg

   6月12日放送 

NHK「クロ現」で

PFAS追跡番組を

放送しました。

← 資料あり

↑ PFAS問題は都政の重要課題です。ごいっしょに

PFAS原田著河出.jpg
  • YouTube

コチラ​ ☝

NEW

原田先生_page-0001.jpg

↓ ヒトを対象とした疫学研究は除外し、動物実験の結果しか反映しなかった?

240402Slownews諸永.webp
最新NEWS

赤旗・資料 👇

👈 諸永裕司のPFASウオッチ
封印された極秘資料入手!
「デュポン・ファイル」が明かす地下水汚染・大気汚染・体内汚染の実態
【大型スクープ連載開始】
ヨナタン博士.png

←左記動画

  • YouTube
欧州ではなぜPFAS規制が.png
  • YouTube

科学ジャーナリスト植田武智氏
2月21日PFAS学習会
「食品安全委員会WGの指標値の問題点」等

9月21日記者会見 ↓

↑ 東京都・環境省の資料はページの最下段にあります(PDF)

20231103沖縄タイムス、米軍、連日PFAS漏れ 東京橫田基地 指針値の5万

👈【日本全国《PFAS》汚染マップ】

体内にずっと残留する、ヤバすぎる「永遠の化学物質・有機フッ素化合物」

『食べもの通信』8月号! 特集❶ 広がる飲み水のPFAS汚染 ➡

クロ現.jpg

   解説有 

追跡“PFAS汚染” 暮らしに迫る化学物質
自然界で分解されることがほとんどなく永遠の化学物質とも呼ばれるPFAS(ピーファス)。

いま沖縄県や神奈川県の米軍基地周辺や大阪府の工場周辺の河川などから国の目標値を超える値が相次いで検出。

東京・多摩地区で行われた血液検査では、住民の血中濃度が国のかつての調査より約3倍高いことが明らかに。番組では独自に“PFAS汚染全国マップ”を作成

汚染の実態は? 身体への影響は? 必要な対策は? 徹底検証する。

                 NHKクローズアップ現代 YouTube 

 「PFAS」とは? 世界の規制状況・健康への影響は? 

https://www.nhk.jp/p/gendai/ts/R7Y6NGLJ6G/blog/bl/pkEldmVQ6R/bp/p4Aomk6Pw8/

※NHKや都などのリンク先がしばしば変更されています。また、閉鎖される場合があります。リンク切れはご容赦ください。

NHKクロ現PFAS.jpg
  • YouTube
pic_12676_2_0001.jpg
大学学校で汚染水.webp

【スクープ】

学校で汚染水が飲まれていた!

一橋大、東京学芸大、桐朋学園…PFASに有名校はどう向き合うのか

フリーランス 諸永裕司

「学校や大学で、PFASに汚染された地下水が飲み水や給食の調理などに使われていることがわかった」

SlowNews スローニュース 2023年6月27日

【大竹紳士交遊録】「米軍基地とPFAS(有機フッ素化合物)汚染」
 【中島岳志】2023年4月4日(火)大竹まこと 小島慶子 砂山圭大郎 中島岳志

東京新聞​ 2023年4月7日付 「多摩地域のPFAS血液検査」
PFAS血液検査、6割以上が「健康被害の恐れ」の指標超え 横田基地東側で高い傾向

朝日新聞
「多摩でPFAS検出、市民団体が住民の血液調査」

PFASスクリーン.png

東京新聞​ 2023年1月31日付
「多摩地域のPFAS血液検査」
 85%の人が「健康被害の恐れ」米国の指標値超える

東京新聞230131.png
朝日230219
朝日新聞PFAS230219.png

 国が対策強化に乗り出す方針の有機フッ素化合物(PFAS(ピーファス))が地下水などから検出された東京都多摩地域で、市民団体が独自に住民の血液調査を進めている。1月末には中間結果を発表し、国が調べた全国調査より高い数値だと指摘した。同団体は範囲を広げて調べている。

 PFASはどのくらいで健康に影響があるかまだ明らかではないが、各国で管理基準を強める動きがあり、政府は水質管理の基準強化などを検討している。

 2022年から調査を始めた市民団体は23年1月30日に記者会見し、87人分の血液調査の結果を公表した。うち国分寺市の65人でみると、PFASの一種であるPFOSPFOAが血液1ミリリットル中に含まれる量は、平均22・8ナノグラム(ナノは10億分の1)だった。調査手法が異なる可能性があるが、環境省が21年に全国119人を調べた際の数値の約3・7倍にあたる、と説明した。

 会見には、調査の委託を受けた京都大大学院の原田浩二准教授(環境衛生学)が出席・・・

  東京新聞​ 2023年1月3日付         ​   
発がん性疑い「PFAS」汚染が広範囲に          
取水停止の井戸34本、東京・多摩地域 米軍基地関連疑い

 東京都多摩地域の井戸水から発がん性が疑われる有機フッ素化合物(PFAS)が検出された問題で、都が汚染によって取水を停止した井戸が11の浄水施設(7市)の34本に上ることが、都水道局への取材で分かった。3施設の5本は判明していたが、対象範囲が拡大した。一部浄水施設では約15年前から高濃度で検出されており、市民団体は「都は汚染源を早く特定し、対策をとってほしい」と訴える。(松島京太)

PFAS多摩230103東京.png

【血液検査】結果 
「多摩地域の有機フッ素化合物(PFAS)による水汚染を明らかにする会」が発足しました。

 多摩地域で有機フッ素化合物(PFAS)に汚染された水道水・井戸水を長年飲み続けてきた住民の健康を守るため、住民による自主的な血液検査を実施しました。
引き続き「多摩地域の有機フッ素化合物汚染を明らかにする会」の活動にご協力ください。

【お問い合わせ・連絡先】TEL/FAX 042-593-2885(根木山)

「東京でもPFOSのよる水汚染が起きていた」
【水どぅ宝】(沖縄テレビ)2022/5/26 

「多摩地区の有機フッ素化合物」水源検査
👇【お住まいの地域の浄水場・水源】のデータがご覧になれます。

東京都水道局.png

■東京都水道局 水質検査

多摩地区の有機フッ素化合物の過去の検査結果及び

水源の検査結果

東京都 多摩水道改革推進本部 調整部技術指導課

https://www.waterworks.metro.tokyo.lg.jp/suigen/pfcs2.html

​【抜粋例】
👇 再稼働のため、停止中の井戸を一時的に
  稼働・排水して測定した結果
  R3年 東京都水道局

水道局R2抜粋.png

​例 👇 給水栓水の水質検査結果(PFOS及びPFOA)R2年

水道局R3抜粋.png

■京都保健会 社会健康医学福祉研究所のHP

「横田基地周辺の有機フッ素化合物汚染」

2022年2月6日の学習会での小泉昭夫さんの講演の動画・パワポなど

https://kyoto-hokenkai.or.jp/shmwl/?p=357

【参考資料】

●「化学物質“水汚染” リスクとどう向き合うか」
 焦げつかないフライパン、水をはじく衣類、消火剤・・・。

 こうした便利な製品にかつて使われていた「有機フッ素化合物」の一つ PFOA。

 環境への蓄積性や発がん性などがあることが分かり、今月、国際条約で禁止された。
 いま、日本の各地で河川などから検出されているが、基準がないために対策が遅れている。
 便利な生活と隣り合わせの化学物質の問題とどう向き合えばよいのか考える。

​こちらもご覧ください。参考動画 琉球朝日放送 →

●「見えない侵入者~米軍基地から漏れ出す永遠の化学物質」(25分)
 ~琉球朝日放送(2021/5/23) 【テレメンタリー2021】でも放送


 2016 年、沖縄県は、45 万人の取水源となっている川や地下水が、有機フッ素化合物 PFOS/PFOA(ピーフォス/ピーフォア)で汚染されていることを公表した。それは環境中で分解されにくく、人体に取り込まれると蓄積されるため、国際条約で規制されている。
 しかも汚染源は米軍基地内にあるとみられていた。番組では、米国防総省の文書などからフェンスの中で何が起きているのかに迫る。また、独自に入手した嘉手納基地地下の帯水層の資料から、米軍の水支配について考える。

​マンガで理解 →

高橋マンガ.jpg

【お問い合わせ・連絡先】
 多摩地域の有機フッ素化合物(PFAS)汚染を明らかにする会

 

会の趣旨に賛同していただける方は、賛同者になってくださるようお願いしま す。

募金にもご協力ください。

bottom of page